読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k猫のアメフト入門書

初心者にもわかりやすくアメフトを見てもらえるように、ルールなどの解説をします。

1-3試合進行編 掲示板の見方

・お久しぶりです。K猫です。諸事情などでこちらのブログを1月ほど放置してしまいました‥今日からまた定期更新をしていきたいと思います。

 

・今回は掲示板の見方ということでして、生観戦される時に見る電光掲示板と、テレビ観戦での掲示板の見方をご紹介したいと思います。

 

1、基本的な電光掲示板の見方

 
f:id:kcatchalrotto:20170209222859j:image

 

得点

 HOMEとGUESTの下の数字が得点になります。これはサッカーなどと同じ表示ですね。

 

残り時間

 アメフトは4クウォーター制で、1クウォーター15分で行われます。時間のカウントの仕方は、15分から減少していきます。柔道などと同じですね。

 この理由は、サッカーのようなアディショナルタイムがないので、時間を増やす必要がないからです。あとは反則などで時計が止まるからでしょう。深い意味はないと思います。

 

DOWN

 これは何回目の攻撃かを表しています。1-2試合進攻編 試合の進め方 - k猫のアメフト入門書で書きましたが、アメフトは4回の攻撃で10ヤード以上進むことを繰り返して得点を狙います。

 今回の画像では4なので、4thダウンということになります。

 

TO GO

 ダウン更新までのヤード数を表しています。ここに書いてある距離を取ればまた攻撃できます。

 画像だと15なので、残り15ヤードということです。(反則などで10ヤード以上進まなくてはいけなくなっています)

 

BALL ON

 フィールドポジションを表しています。自陣エンドゾーンを0、敵陣エンドゾーンを100ヤードとして数えます。

 電光掲示板によっては、敵陣を意味するoppをつけたり、+-で陣地を表すものもあります。(敵陣がマイナスなことが多いです)

 今回は21なので、自陣21ヤードからの攻撃を意味しています。

 

QTR

 何クウォーター目なのかを表しています。これで試合は序盤なのか、終盤なのかわかります。

 今回だと4なので、4クウォーターになります。もう終盤ですね。

 

 以上のことから、この画像の試合は、32-3でホームチームがリードしていて、4クウォーター残り3秒、ボール自陣21ヤードから4thダウン15ヤードということになります。これが、最低限の電光掲示板に乗っている情報です。

 

2、追加情報


f:id:kcatchalrotto:20170209225329j:image

 これは別の電光掲示板ですが、黒い線で囲った部分と、青い線で囲った部分を見てください。

 

黒い線

 チーム名の下(チーム名は赤く塗りつぶしてあります)に、赤い線が入っているのが見えると思います。これは、どちらのチームが現在、攻撃しているのか。を示しています。

 

青い線

 こちらの線で囲まれている部分にTIMEOUTと記載されているのが見えると思います。そのまま通りで、残りのタイムアウトの数を示しています。

 場合によっては、赤いランプ3つでタイムアウトの個数を表しているものもあります。

 

3、テレビの得点板


f:id:kcatchalrotto:20170209231229j:image

テレビ局によって違いますが、

 1st&15や2nd&4がダウン数と残りヤードを表しています。

 チーム名の上や下にある3つの黄色はタイムアウトの数を表しています。

 時計(残り時間)の左に記載されている1stはクウォーターを表しています。

 

FOXを例にしてみると、

DAL vs WAS、得点0-0、DALの攻撃、1stクウォーター残り10:29、2ndダウン&残り10ヤード

というような情報になります。

 

 アメフトは情報の多いスポーツなので、サッカーのように単純ではありません。

今回の記事でアメフトの試合結果がわかるようになれば、試合の見方も少しずつ変わっていくと思います!

次回はオフェンス編をやります。