k猫のアメフト入門書

初心者にもわかりやすくアメフトを見てもらえるように、ルールなどの解説をします。

2-1オフェンス編 オフェンスとは?

 

・こんばんはK猫です。長いこと放置してしまいましたが、またぼちぼち更新していきたいと思います。

 

1章試合進行編が終わり、今回からオフェンス編をやります。

 

オフェンスとは?

  ボールをパスとランで前進させ、得点を取ること。またはその役割を担ったプレイヤーたちの総称。

  具体的なポジション名では

  1. QB(クウォーターバック)
  2. RB(ランニングバック)
  3. WR(ワイドレシーバー)
  4. TE(タイトエンド)
  5. OL(オフェンスラインマン)

に区別されます。

f:id:kcatchalrotto:20170526220615g:image

 ※OLはT、G、Cと表示されている5人のこと

 

 

パスプレイ(Pass Play)

  アメフトの大きな魅力のひとつで、一発までTD(タッチダウン)まで持っていけることから、飛び道具としての側面が強くあります。

  ルールは至ってシンプルで前にパスを投げ、キャッチをすることです。しかし、ディフェンスの選手の存在や、タイミング、パスの軌道などが僅かでもズレると失敗してしまうシビアなプレイでもあります。そのため、投げ手のQBと受け手のWR、TEは練習のうち多くの時間をこのタイミングを合わせることに費やしています。

   細かいキャッチの規定はおいおい紹介していきますが、パスのルールとしては前方へ投げれるのは、各ダウンで1回までです(2回目からは反則を取られます)。一方で、後方へのパスなら何回でも投げることが出来ます。シンプルですね

f:id:kcatchalrotto:20170526222809j:image

パスをなげるQB

 

f:id:kcatchalrotto:20170526222847j:image

パスをキャッチするWR

 

ランプレイ(Run Play)

   アメフトの基礎的なプレイで、黎明期から重宝されてきました。パスのような華々しさはありませんが、無骨であり、アメフトの特徴であるフィジカルな側面を強調するプレイです。

   ランはOL以外の選手がQBからボールを受け取り(ハンドオフ)、走るプレイです(もちろんQBがそのまま走ることも可能です)。パスがQBの前方でボールを取るプレイなら、ランはQBの後方でボールを受け取るプレイになります。

   しかし、ただ闇雲に走るだけではヤードをゲインし、TDを奪うことが出来ません。なぜならディフェンスがいるからです。そこで重要になるのが、OLです。OLがディフェンスの選手をブロックすることで、意図的に走路を作りそこをRBが走ります。この走路を作る場所は、事前に決められていて、それをプレイごとに共有し、フィールドにいる全員が協力して行います。そのため連携がとても大事になります

   RBの活躍の陰にはOLの泥臭いハードワークがあります。ランを1人で出すことはありません。

 f:id:kcatchalrotto:20170526223133j:image

QBからRBへのハンドオフ

 

f:id:kcatchalrotto:20170526223153j:image

激走するRB

 

f:id:kcatchalrotto:20170526223353j:image

ブロックで走路を作るOLたち

 

 

今回はオフェンスの特徴について簡単に説明しました。次回はQBについて詳しく見ていきたいと思います。